1月発売の

新刊

新着情報

  • ポストコロナの生命哲学
  • 集英社新書創刊20周年記念シンポジウム 危機の時代を考える
  • 20周年フェア
  • 特設サイト 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
  • 特設エッセイ『羽生結弦は捧げていく』
  • 母の教え 10年後の『悩む力』特設サイト
前へ
次へ

2月の発売予定

2月17日(木)発売

  • 奈良で学ぶ 寺院建築入門
    奈良で学ぶ 寺院建築入門
    海野聡
    日本に七万以上存在する寺院の源流は奈良にあり、なかでも工匠の知恵と工夫、技術革新を直に堪能できるのが、唐招提寺、薬師寺、興福寺、東大寺の四寺だ。建物の基本骨格や建築の基礎知識、具体的な造られ方を解説した、今までにない寺院鑑賞ガイド。
  • 「それから」の大阪
    「それから」の大阪
    スズキナオ
    大阪は「密」だからこそ魅力的だった。「コロナ後」の大阪を歩き、人に会う。万博開催予定地、40年の営業に幕を下ろす立ち飲み店、閑散とした道頓堀界隈、自粛要請に振り回される屋台店主……。非常時を逞しく、しなやかに生きる町と人の貴重な記録。
  • ドンキにはなぜペンギンがいるのか
    ドンキにはなぜペンギンがいるのか
    谷頭和希
    チェーンストアは本当に都市を均質にし、街の歴史を壊したのだろうか。若き「街歩き」ライターのフィールドワークから見えてきた、チェーンストアを中心にした現代日本の都市の姿と未来の可能性を読み解く。
  • 子どもが教育を選ぶ時代へ
    子どもが教育を選ぶ時代へ
    野本響子
    世界の教育法が集まっているマレーシアで教育関連の取材を続ける著者が、各種教育や最新カリュキュラムの紹介から、これからの学校と教師の存在意義、親子関係のあり方など、日本人に選択肢を提示する。子どもが自ら学びたいものを発見し選ぶ時代の必読書。

集英社新書の単行本

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。