9月発売の

新刊

新着情報

  • ポストコロナの生命哲学
  • 集英社新書創刊20周年記念シンポジウム 危機の時代を考える
  • 20周年フェア
  • 特設サイト 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
  • 特設エッセイ『羽生結弦は捧げていく』
  • 母の教え 10年後の『悩む力』特設サイト
前へ
次へ

10月の発売予定

10月15日(金)発売

  • ルポ 森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル
    ルポ 森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル
    おおたとしまさ
    自然の中で子どもたちを自由に遊ばせる幼児教育・保育活動、通称「森のようちえん」。自己肯定感や責任感、主体性、協調性など、あらゆる能力の伸び方が大きいその教育の秘密を探る。
  • 安倍晋三と菅直人 非常事態のリーダーシップ
    安倍晋三と菅直人 非常事態のリーダーシップ
    尾中香尚里
    コロナ禍と東日本大震災、福島第一原発事故。歴史的国難に対して、安倍晋三と菅直人はどのように対処したのだろうか。危機の認識、言葉、権力の使い方、補償…などを比較・記録し、あるべきリーダーシップを検証する。
  • 宇宙はなぜ物質でできているのか 素粒子の謎とKEKの挑戦
    宇宙はなぜ物質でできているのか 素粒子の謎とKEKの挑戦
    小林誠・編
    宇宙が「物質」でできているのは、最初期にほんの少しだけ「反物質」より「物質」のほうが多かったからである……。KEK(高エネルギー加速器研究機構)の各時代を支えた研究者が、驚きに満ちた実験の最前線と未解決の謎を解説する。
  • EPICソニーとその時代
    EPICソニーとその時代
    スージー鈴木
    先進的な音楽性により80年代の音楽シーンを席捲したレコード会社「EPICソニー」。佐野元春《SOMEDAY》、渡辺美里《My Revolution》、ドリカム《うれしはずかし朝帰り》など名曲の数々を分析する。佐野元春ロングインタビュー収録。
  • ジャーナリズムの役割は空気を壊すこと
    ジャーナリズムの役割は空気を壊すこと
    森達也 望月衣塑子
    新型コロナの非常事態宣言下で強硬開催し、感染爆発と医療崩壊を招いた東京五輪。批判しきれず空気に迎合した大手メディアは、日本のジャーナリズムの限界を象徴的に露呈した。安倍・菅時代のメディア状況を総括する。

集英社新書の単行本

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。