6月発売の

新刊

新着情報

  • 『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』刊行記念対談 三宅香帆×水野太貴
  • 『ファスト教養 10分で答えが欲しい人たち』刊行記念対談 レジー×三宅香帆
  • 遺魂伝 佐々木徹
  • 大江千里のジャズ案内「ジャズって素敵!」 大江千里
  • 「黒い雨」訴訟 小山美砂
  • ホンダ、ヤマハ、スズキ…日本メーカーはなぜMotoGPでこんなにダメになったのか 西村章
  • 『すずめの戸締まり』に隠されたメッセージと新海作品の可能性 土居伸彰×藤田直哉
  • 【集英社 創業95周年記念企画】アジア人物史
  • 落語家対談 春風亭一之輔×桂宮治
  • 『世界大麻経済戦争』発売記念対談 矢部武×正高佑志
前へ
次へ

7月の発売予定

7月17日(水)発売

  • 限界突破の哲学 なぜ日本武道は世界で愛されるのか?
    限界突破の哲学 なぜ日本武道は世界で愛されるのか?
    アレキサンダー・ベネット
    日々の鍛錬を積み重ねることで体力と年齢の壁を超える日本武道。今や国境を越え、世界中で実践者が増えている。17歳で日本に留学して以来、武道に魅せられたニュージーランド人の武道家が綴る、人生の苦難をも乗り越える限界突破の哲学。
  • 教養の鍛錬 日本の名著を読みなおす
    教養の鍛錬 日本の名著を読みなおす
    石井洋二郎
    『善の研究』『三太郎の日記』『愛と認識との出発』『風土』『「いき」の構造』『君たちはどう生きるか』……。知っているけど読んだことがない、これらの教養書を再読。現代を生きる私たちにどのような示唆を与えるのか。
  • 秘密資料で読み解く 激動の韓国政治史
    秘密資料で読み解く 激動の韓国政治史
    永野慎一郎
    秘密資料や実体験を交えながら、金大中拉致、朴正煕大統領暗殺、大韓航空機爆破事件、ラングーン事件、東亜日報記者拷問事件など民主化を勝ち取るまでの激動の韓国現代政治史を、裏と表から振り返る。
  • 贖罪 殺人は償えるのか
    贖罪 殺人は償えるのか
    藤井誠二
    ノンフィクションライターのもとに届いた長期受刑者からの手紙。加害者は己の罪と向き合い、問いを投げかける。「償い」「謝罪」「反省」「更生」「贖罪」――。矛盾と答えのない問いの狭間で、二人が考え続けた記録である。

集英社新書の単行本

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。