4月発売の

新刊

新着情報

  • 『東京裏返し 社会学的街歩きガイド』刊行記念
  • 集英社新書創刊20周年記念シンポジウム 危機の時代を考える
  • 20周年フェア
  • 特設サイト 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
  • 特設エッセイ『羽生結弦は捧げていく』
  • 母の教え 10年後の『悩む力』特設サイト
前へ
次へ

5月の発売予定

5月17日(月)発売

  • 職業としてのシネマ
    職業としてのシネマ
    髙野てるみ
    ミニシアター・ブームをつくりあげた立役者の一人である著者が、長きにわたって関わった配給、バイヤー、宣伝等の現場における豊富なエピソードを交えながら、映画業界の仕事の難しさ、面白さ、やりがいを伝える。
  • 免疫入門 最強の基礎知識
    免疫入門 最強の基礎知識
    遠山祐司
    新型コロナウィルス感染症の流行下、私たちは自分自身の体がもつ「免疫」のしくみに向き合う必要がある。免疫にまつわる疑問をQ&A形式でわかりやすく解説。基本情報から最新情報までを網羅する。
  • 世界の凋落を見つめて クロニクル2011-2020
    世界の凋落を見つめて クロニクル2011-2020
    四方田犬彦
    東日本大震災・原発事故の2011年からコロナかの2020年まで、日本と世界が変容し、混乱した「激動の10年」に書き続けられた99本のコラム。世界や人間はどのように変わったのかを記録する。
  • ある北朝鮮テロリストの生と死 証言・ラングーン事件
    ある北朝鮮テロリストの生と死 証言・ラングーン事件
    羅鍾一 永野慎一郎
    1983年、ミャンマー訪問中の全斗煥韓国大統領を狙い、合計21名の死者を出した「ラングーン事件」。本書はその実行犯である北朝鮮テロリストの証言を記録し、事件の全貌と南北関係の矛盾に迫ったノンフィクション。

集英社新書の単行本

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。