6月発売の

新刊

新着情報

  • スズキがMotoGPから今季限りで撤退の噂は本当か? 西村章
  • 『何が記者を殺すのか』刊行記念イベントレポート 斉加尚代×平井美津子 木村元彦
  • ウルトラマン不滅の10大決戦 完全解説 古谷敏×やくみつる
  • 座間9人殺害事件裁判 共同通信社会部取材班
  • 『世界大麻経済戦争』発売記念対談 矢部武×正高佑志
  • 130年目の映画革命 宇野維正
  • ウクライナ戦争以後の世界と日本――新・安全保障論 特別座談会 柳澤協二×伊勢﨑賢治×加藤朗×林吉永
  • カルチャーから見る、韓国社会の素顔 伊東順子
  • 韓国カルチャー 隣人の素顔と現在 伊東順子
  • 水道橋博士の「日記のススメ」 水道橋博士
前へ
次へ

7月の発売予定

7月15日(金)発売

  • いまを生きるカント倫理学
    いまを生きるカント倫理学
    秋元康隆
    ビジネス、道徳教育、生殖・医療、環境問題、AI、差別問題……。現代社会で巻き起こる倫理的な問題について、私たちはどう判断すればよいのか。その答えは「カント」にある。難解なカント倫理学を、現代を生きる私たちが「使える」実践的な倫理として提示する一冊。
  • 「黒い雨」訴訟
    「黒い雨」訴訟
    小山美砂
    原爆投下直後、広島に降った「黒い雨」。なぜ、国は黒い雨の「被爆者」を切り捨てたのか――。戦後70年以上を経て、ようやく語られ始めた真実の数々。「黒い雨」による被ばく問題、その訴訟の全容を記録した初めてのノンフィクション。
  • 「名コーチ」は教えない プロ野球新時代の指導論
    「名コーチ」は教えない プロ野球新時代の指導論
    髙橋安幸
    大谷翔平や佐々木朗希など、新世代の才能を成長へ導くのは、従来のコーチング論とは一線を画した、新しい指導スタイルだった。石井琢朗、鳥越裕介、橋上秀樹、吉井理人、平井正史、大村巌など名指導者の取材を通して、その内実を詳らかにする。
  • アフガニスタンの教訓 挑戦される国際秩序
    アフガニスタンの教訓 挑戦される国際秩序
    山本忠通/内藤正典
    二〇二一年八月、アフガニスタンの首都カブールはタリバンに制圧された。自由と民主主義を掲げた共和国政府はなぜ支持を得られなかったのか?元国連事務総長特別代表と中東学者が問題の深層と教訓、日本のあるべき外交姿勢を語る。

集英社新書の単行本

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。