スマホが学力を破壊する
著者: 川島 隆太
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
スマホをやめるだけで偏差値が10上がります。
「脳トレ」の川島教授が明らかにした、脳とスマホの驚くべき関係!
 二〇一〇年より急速に普及したスマートフォンは日本人の生活に深く浸透し、街中を歩けばスマホを使う人を見かけないことのほうが珍しくなった。しかし、
その使用に付帯するリスク、とりわけ子どもたちによる長時間使用の危険性や、成績に及ぼされる影響についてはあまり知られていない。
 本書は七万人の子どもたちを対象に、数年間にわたって行われた大規模調査の結果を基に、スマホやアプリの使用がもたらす影響を解明し、スマホ使用のリスクを正面から論じた、現代人、とりわけ全保護者必読の一冊である。

[著者情報]
川島隆太(かわしま りゅうた)
一九五九年千葉県生まれ。一九八九年医学博士(東北大学)。東北大学加齢医学研究所所長。全世界でシリーズ累計販売数三三〇〇万本を突破したニンテンドーDS用ソフト「脳トレ」シリーズの監修者。著書は累計六〇〇万部を突破した「脳を鍛える大人のドリル」シリーズをはじめ、『現代人のための脳鍛錬』(文春新書)、『さらば脳ブーム』(新潮新書)など多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。