TPP 黒い条約
著者: 中野 剛志
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
TPP参加は「主権」の投げ売りだ!
 衰退するアメリカ。そのアメリカ依存から抜けられない日本。この構図のなかで、いま、アメリカが日本を徹底的に搾取しようとしている。それがTPPの正体だ。TPPが日本の成長を助ける自由貿易協定だというのは真っ赤な嘘。99%のわれわれ国民に対して、1%のグローバル企業・超富裕層が仕掛けた罠なのだ。その内実を国民に知らせぬまま条約批准に向かって突き進む政府。黒い条約・TPP締結後の日本はどうなるのか? 『TPP亡国論』の中野剛志とこの問題を早くから掘り下げてきた気鋭の論客たちが、TPP参加に最後の警鐘を鳴らす!

[著者情報]
中野剛志(なかの たけし)
評論家。元京都大学大学院准教授。主な著書に『TPP亡国論』。

関岡英之(せきおか ひでゆき)
評論家・ノンフィクション作家。主な著書に『拒否できない日本』。

岩月浩二(いわつき こうじ)
弁護士。「TPPを考える国民会議」世話人。

東谷 暁(ひがしたに さとし)
ジャーナリスト。主な著書に『経済学者の栄光と敗北』。

村上正泰(むらかみ まさやす)
山形大学大学院医学系研究科教授。主な著書に『医療崩壊の真犯人』。

施 光恒(せ てるひさ)
九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。主な著書に『リベラリズムの再生』。

柴山桂太(しばやま けいた)
滋賀大学経済学部社会システム学科准教授。主な著書に『静かなる大恐慌』。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。