吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む
著者: 早川 敦子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
女優の朗読に、イギリスの聴衆も泣いた!
 二〇一一年十月、原爆詩の朗読を続ける女優、吉永小百合は、オックスフォード大学の招きを受けてイギリスに向かう。ヨーロッパで初めての朗読会、伴奏は、坂本龍一。百十年前のピアノが哀切なメロディーを奏で、偶然チャペルに迷い込んだ鳩が、長編詩「慟哭」のクライマックスで天井を飛翔した。彼女の朗読は、なぜイギリスの聴衆たちの胸を打ったのか。吉永小百合が原爆詩と関わった二十余年にわたる軌跡を紹介しつつ、当日の出来事をドラマティックに描くドキュメント。原爆詩が、国境を超えた瞬間が、いまここによみがえる。

[著者情報]
早川 敦子(はやかわ あつこ)
一九六〇年生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科教授。専門は二〇世紀から現代にいたる英語圏文学、翻訳論。著書に『世界文学を継ぐ者たち』(集英社新書)。訳書に『クマのプーさんの世界』(岩波書店)、『こどもの情景』(パピルス)、『記憶を和解のために』(みすず書房)など。原爆詩、野坂昭如の『ウミガメと少年』(スタジオジブリ)などの英訳も手がける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。