災害と子どものこころ
著者: 清水 將之 柳田 邦男 田中 究 井出 浩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
災害時、おとなは子どもをどう支えるべきか。
児童精神科医ら専門家によるこころ支援のガイドライン。
 子どもは災害時には「弱者」である。身体の安全と安心が確保された後も、子どもは人知れずこころに痛手を被っており、心傷反応(トラウマ表出)は忘れたころに現れることが多い。当然、中長期的な見守りと励ましが必要であるが、そうしたことはあまり知られていないのが現状である。
 災害は子どものこころにどんな影響を及ぼすか。子どもを支え守るために大人はどう行動すべきか。東日本大震災などの災害現場を経験した児童精神科医を中心に、子どものメンタルヘルス支援の現状と今後取り組むべき対策を示す。

[著者情報]
清水 將之(しみず まさゆき)
一九三四年兵庫県生まれ。児童精神科医。三重県特別顧問。

柳田 邦男(やなぎだ くにお)
一九三六年栃木県生まれ。作家。代表作に『マッハの恐怖』『ガン回廊の朝』など。

井出 浩(いで ひろし)
一九五二年兵庫県生まれ。児童精神科医。関西学院大学人間福祉学部教授。

田中 究(たなか きわむ)
一九五六年兵庫県生まれ。児童精神科医。神戸大学大学院准教授。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。