ナビゲーション
「位置情報」が世界を変える
著者: 山本 昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
時間と空間を制覇せよ!
現在位置はなぜわかるのか?
 自らの現在位置を確認し、目的の場所がどこにあるのかを把握し、どうすれば効率的にそこに辿り着けるのかを知る-。古来、「位置情報」は、人類にとってきわめて重要な問題であった。そのために、今も多くの人々の献身的な努力が積み重ねられている。
 羅針盤に頼った大航海時代から、航空機やロケット出現の時代を経て、カーナビやスマートフォンへといたる歴史には、人類の驚くべき知恵と工夫が蓄積されている。我々に多大な恩恵を与え、今なお発展し続けているナビゲーションについて、具体例を挙げつつ分かりやすく論じる。

[著者情報]
山本 昇(やまもと のぼる)
一九四八年生まれ。東京大学法学部卒業。マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程修了。オリエンス・コンサルティング代表。専門分野は、衛星通信・放送・ナビゲーション。KDD(現KDDI)勤務の後、ロンドンの国際機関インマルサットに入社のため家族とともに渡英。同機関の民営化作業に携わった後に退社。在英日本人のための日本クラブの事務局長を務めた後、現職。著書に『グローバル仕事術-ニッポン式ビジネスを変える』(明治書院)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。