「原発」国民投票
著者: 今井 一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
この国の、私たちの未来は、政治家に委ねず自分で決めよう!
 原子力発電所をどうするのかは、日本国民のみならず人類の行方をも左右する重大な事案。その選択は、議員や官僚に委ねることなく主権者である私たち国民が行なうべきだ。そのためには、国民投票を実施するのが最良である。徹底した情報公開を進めて議論を重ね、主権者自身が賢明な選択・決定をすように求めるのである。
 欧州で実施された原発に関する国民投票、そして日本の住民投票の例も報告しながら、その仕組みと意義を分かりやすく提示。原発に対する賛否両者の代表的な考え方も紹介する。
みんなで決めよう「原発」国民投票

[著者情報]
今井 一(いまい はじめ)
一九五四年生まれ。ジャーナリスト。市民グループ【みんなで決めよう「原発」国民投票】事務局長。八一年以降、国内外で実施された国民投票、住民投票の現地取材を重ねる。二〇〇六?〇七年には衆参両院の憲法調査特別委員会に五度にわたり参考人及び公述人として招致され、国民投票のあるべきルールについて陳述。著書に『「憲法九条」国民投票』(集英社新書)、『住民投票』(岩波新書)ほか多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。