中東民衆革命の真実
―エジプト現地レポート
著者: 田原 牧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
英雄も指導者も不在という「新しい革命」の意味するもの
チュニジア、エジプト、シリア、リビア、イエメンなど、イスラーム世界で広がり続ける民衆革命。
 二〇一一年、二月十一日、エジプトを三十年間統治してきた大統領、ムバーラクが退陣を表明した。それは、五千年にも及ぶアラブの大国の歴史の中で、民衆が初めて自らの手で体制を打倒した瞬間であった。この革命の余波はシリア、リビア、イエメン、サウジアラビアなど中東に広がり、各地で叛乱の火の手があがっている。エジプトで、ムバーラク政権を追い詰めたものはいったい何だったのか。
 エジプトを軸とする中東の動きを長年観察し、現地取材を続けてきたジャーナリストが、今後の中東情勢を考える。

[著者情報]
田原 牧(たはら まき)
一九六二年生まれ。東京新聞(中日新聞東京本社)特報部デスク。九一年に湾岸戦争、九四年にルワンダ内戦・難民問題を取材する。九五年からカイロ・アメリカン大学に留学し、二〇〇〇年までカイロ特派員。同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)共同研究員、季刊『アラブ』(日本アラブ協会)編集委員。著書に『イスラーム最前線』(河出書房新社)、『ネオコンとは何か』(世界書院)、『ほっとけよ。』(ユビキタ・スタジオ)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。