日本の1/2革命
著者: 池上 彰 佐藤 賢一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
明治維新はフランス革命の半分だった?
何が起きても本気で怒らない日本人の謎に迫る!
 人気 No.1ジャーナリストと、西洋歴史小説の第一人者が、日本の政治的混迷について、熱く語り合う。振り返ってみれば、あの「明治維新」も、第二次大戦直後の「8.15革命」も、多くの若者たちが街頭に繰り出した「1968」の熱狂も、日本の革命はすべて不発に終わった-。果たして日本の近現代史は、革命の本家本元のフランスと比べて、どこが根本的に違うのか? また、東日本大震災後の未曾有の危機に直面する私たちは、ついに残り1/2の後半戦に臨むことになるのか? 本気で怒ることを忘れて久しい日本人の謎に迫る一冊。

[著者情報]
池上 彰(いけがみ あきら)
一九五〇年生まれ。慶応大学卒業。NHK報道記者を経てフリーに。著書に『そうだったのか! 現代史』『伝える力』『知らないと恥をかく世界の大問題』他

佐藤 賢一(さとう けんいち)
一九六八年生まれ。東北大学大学院で西洋史学を専攻。九九年『王妃の離婚』で第一二一回直木賞を受賞。著書に『双頭の鷲』『小説フランス革命』他。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。