オーケストラ大国アメリカ
著者: 山田 真一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
アメリカのオケを知らずして、クラシック音楽は語れない!
トスカニーニ、バーンスタイン、ショルティ───
カリスマ指揮者、名オーケストラの全貌!
 アメリカはクラシック音楽の伝統のない国だと思われている。しかし、現代のオーケストラのスタイルは十九世紀に成立したものであり、アメリカのオーケストラは、その形成過程でヨーロッパのオケに優るとも劣らない役割を果たした。そして今も高い演奏能力を誇り、ヨーロッパを凌駕する魅力を備えている。
 高い音楽性を達成し、地域社会に根ざしたアメリカのオーケストラ。そのドラマティックな歴史をたどり、スター指揮者や名オーケストラの実像を紹介しながら、実力の源泉に迫る。必聴音源案内付。

[著者情報]
山田 真一(やまだ しんいち)
一九六三年東京生まれ。芸術文化研究者。音楽評論家。シカゴ大学大学院博士課程修了。昭和女子大学非常勤講師(文化政策)。音楽専門誌や新聞などに評論等を執筆。ショルティ、ラトル、ヤンソンス、パバロッティ、ドミンゴ、ポリーニなど二百名を超えるアーティストに直接インタビューをしている。著書に『エル・システマ』『貧困社会から生まれた 奇跡の指揮者 』他、訳書に『サイモン・ラトル』。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。