鯨人
著者: 石川 梵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
生きるために人と鯨は闘う
銛一本で地球最大の生物に挑む人々のドキュメント!
 インドネシア東ヌサテンガラ州に属するレンバタ島のラマレラ村は、銛一本で鯨を仕留める伝統捕鯨で知られている。写真家である著者は約十九年にわたりこの村の様子を取材。世界最大の生物に挑む誇り高き鯨人達の姿と、村の営みに深く根ざす捕鯨文化の詳細を記録し、ついには捕鯨の水中撮影を敢行する。だが、この村にもまた、グローバリゼーションの波は押し寄せていた…。
 岐路に立つラマレラ村とその捕鯨文化を雄渾に活写する、比類なきネイチャー・ドキュメンタリー。

[著者情報]
石川 梵(いしかわ ぼん)
一九六〇年生まれ。写真家。東京都町田市在住。AFP通信社東京支局カメラマンを経て、フリーランス。辺境の民とその「祈り」の世界をライフワークに、これまで六〇ヵ国以上で撮影。「Life」をはじめ「Paris Match」「Geo」「月刊 PLAYBOY」「TRANSIT」など内外の主要誌で作品を発表。写真集『海人』(新潮社)で日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞写真賞などを受賞。ほか写真集『伊勢神宮遷宮とその秘儀』(朝日新聞社)、フォトエッセイ集『時の海、人の大地』(魁星出版)などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。