愛と欲望のフランス王列伝
著者: 八幡 和郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
これほど面白い歴史絵巻はない!
「フランス全史」がこの一冊で分かる!
 フランスの伝統が生んだ文化は、芸術や料理、ファッションなど世界のさまざまなところに浸透している。だが、学校教育における世界史では、歴史的人物の人間的な部分を削ぎ落としてしまうので、フランス史の真の面白さがわからない。本書は、列伝形式で歴代の王たちを網羅し、現代のセレブに至るまでドラマティックな歴史絵巻として描き出す。人間の歴史の縮図とも言うべきフランス史を、古代から現代まで通史として論じており、この一冊でフランス通になれる書。

[著者情報]
八幡 和郎(やわた かずお)
一九五一年滋賀県大津市生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。パリ・ジェトロ産業調査員、大臣官房情報管理課長などをつとめたのち退官し、徳島文理大学大学院教授。テレビ出演や評論・著作活動を行う。『アメリカもアジアも欧州に敵わない』『アメリカ歴代大統領の通信簿』『フランス式エリート育成法』などの著作のほか、フランスの政治・教育・社会システムについての論文やエッセイ多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。