教えない教え
著者: 権藤 博
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
佐々木主浩氏、松山千春氏推薦!
直感人材開花術!
 無理せず、急がず、はみださず」に己の直感を信じ、プロ野球において監督、コーチとして、多くの才能を引き出した権藤博。現役時代は「権藤、権藤、雨、権藤……」と謳われるほど連投を重ね、二年連続で最多勝投手に輝いた。だがその結果、体を壊した権藤の選手生命は長いものではなかった。後年、権藤は自身の苦難の経験を生かし名コーチとして復活。一九九八年に監督就任した横浜を日本一に導くことで、その名を知られることになる。野球界のご意見番として活躍する権藤氏が、ジャンルを超えて通用する人材を開花させる「教えない教え」をここに記す。

[著者情報]
権藤 博(ごんどう ひろし)
一九三八年生まれ。佐賀県出身。野球評論家。元プロ野球選手(投手、内野手)・監督。一九六一年中日に入団。二年連続で最多勝投手に。一九七三年より中日でコーチを務め、近鉄、ダイエーを経て横浜のコーチ・監督を歴任。一九九八年横浜を優勝に導く。「投球フォームは選手の主張」とフォーム指導をしないなど個性的な指導方法で多くの投手を育てる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。