美術館をめぐる対話
著者: 西沢 立衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
2010年プリツカー賞をSANAA(妹島和世とのユニット)で受賞
建築家・西沢立衛対談集
近年の美術館は従来の箱もの行政の産物から、新たな「開かれた」存在へと変化を遂げつつある。その一例として記憶に新しい金沢21世紀美術館は、建築家ユニットSANAAの設計。妹島和世と著書による同ユニットは国外でもルーヴル美術館ランス別館などのを手掛け、二〇一〇年度プリツカー賞を受賞した。本書では第12回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の日本館出展作家を務めた著者が青木淳、平野啓一郎、南條史生、オラファー・エリアソン、妹島和世と対談。美術館設計で建築家に求められるもの、都市の歴史から見た美術館、アートと建築の相互関係などを考える。

[著者情報]
西沢 立衛(にしざわ りゅうえ)
建築家。一九六六年東京都生まれ。九〇年横浜国立大学大学院修士課程修了。妹島和世建築設計事務所を経て、九五年妹島和世とともにSANAA設立。九七年西沢立衛建築設計事務所設立。主な作品に森山邸、十和田市現代美術館など。SANAAの作品では金沢21世紀美術館、ニューミュージアム、ロレックス・ラーニングセンターなどがある。二〇一〇年プリツカー賞受賞。横浜国立大学大学院 Y-GSA教授。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。