演じる心、見抜く目
著者: 友澤 晃一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
嘘はなぜばれるのか、浮気はなぜ見抜かれるのか
演出家が「役者の演技」を通して、コミュニケーション能力を高めるテクニックを伝授。
 人から愛されるためにこれだけは知っておきたいこと。嘘の見抜き方、説得の仕方、口説き方、浮気のいいわけ、緊張しない方法、自分をコントロールする方法など、日常のあらゆるシチュエーションに関して、演出家でもある著者が、「役者の演技」を通してアドバイスする。あなたの周りの人たちとのコミュニケーションを潤滑にし、自信をもって元気に生き抜くためのテクニックの数々。

[著者情報]
友澤 晃一(ともざわ こういち)
一九六一年東京生まれ。倉本聰主宰富良野塾一期生。俳優修業の後、映画の助監督やドラマのADなどを経て、脚本家・演出家となる。テレビドラマの脚本は、『浅見光彦?最終章?』『長い長い殺人』『アリよさらば』など約二〇〇本。舞台の作・演出は、ミュージカル『サタデーナイトフィーバー』『LETTER』『美しき背徳』『シーチキンサンライズ』など約三〇本。二〇〇一年から俳優に演技を教えている。著書『演技核心論』(論創社)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。