マイルス・デイヴィス 青の時代
著者: 中山 康樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
天才の原点、
ジャズの黄金期が、ここにある!
 マイルスのモダン・ジャズの時代とは、果たしてどのようなものだったのか? 誰と、どのような音楽を創造し、歴史を変えていったのか? それぞれ天才的で個性的な共演者たちは、マイルスに何をもたらしたのか?
 「青の時代」の秘密とはー。マイルスを感じ、ジャズを知る。そのために最も魅力的な時代をクールに活写する。帝王マイルスと、周囲のミュージシャンたちの関係を丹念に追う道筋に、「ジャズを聴く」新たな楽しみが見えてくる。

[著者情報]
中山 康樹(なかやま やすき)
一九五二年大阪府生まれ。「スイング・ジャーナル」編集長などを経て音楽評論家。『超ジャズ入門』『超ブルーノート入門ージャズの究極・1500番台のすすめ』『超ブルーノート入門 完結編ー4000番台の至福』『ジャズメンとの約束』『マイルスを聴け!』『ジョン・レノンを聴け!』『クワタを聴け!』『ビートルズの謎』『ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか』他、多数の著書がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。