新型インフルエンザ 本当の姿
著者: 河岡 義裕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
あなどってはいけない!感染拡大に伴い強毒化も?大流行の後に次の流行の山が!新型ウイルスは異なる4つのウイルス遺伝子から誕生した!
 2009年春に世界中を震撼させるパンデミック(世界的流行)をひき起こした豚由来の新型インフルエンザウイルスは、実は四つの異なるウイルスの遺伝子が混じり合って誕生したものだった。インフルエンザウイルスは有史以来人類の脅威となってきたが、その複雑な誕生システムについては意外に知られていない。強毒化も懸念されるインフルエンザウイルスはどのようにして生まれどのようなメカニズムで変異していくのか。ウイルス研究の世界的権威が、対策も含めて新型インフルエンザウイルスのすべてを明らかにする。

[著者情報]
河岡 義裕(かわおか よしひろ)
北海道大学獣医学部卒業。鳥取大学農学部助手、米セント・ジュード・チルドレンズ・リサーチ・ホスピタル教授研究員、米ウイスコンシン大学獣医学部教授を経て、東京大学医科学研究所ウイルス感染分野教授、同感染症国際研究センター長。著書に『インフルエンザ危機』(集英社新書)、共著に『インフルエンザ パンデミック』(講談社ブルーバックス)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。