代理出産 生殖ビジネスと命の尊厳
著者: 大野 和基
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
搾取か?福音か?
子どもをもつ最後の手段が「代理出産」だとしたら──
 不妊に悩む夫婦にとって「福音」といわれる生殖補助医療、代理出産。しかし、代理母の精神的・肉体的負担、貧困層のブリーダー階級化、親子関係の定義づけの難しさなど、現実はシビアな問題が山積みだ。日本でも法整備を進める動きがあるが、代理出産をめぐる議論はまだまだ不十分。このテーマを長年、追いかけてきた著者が複雑な代理出産の問題の核心に迫る!

[著者情報]
大野 和基(おおの かずもと)
一九五五年、兵庫県生まれ。東京外国語大学英米学科卒業。一九七九年に渡米し、コーネル大学で化学を、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行う。一九九七年に帰国した後も頻繁に取材のため渡米。米国の最新事情に精通している。訳書に『外科の夜明け』(小学館)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。