現代アート、超入門!
著者: 藤田 令伊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
本書が喝破する、現代アート7大わからないとは?
本書を読めば、現代アートの謎解き、鑑賞ノウハウ、ものの見事に、わかります!
 たとえば一九一七年に発表されたデュシャンの『泉』。この作品は工業製品である便器がそのままアートとして出品されたものだ。仲間のアーテストたちにも「はたしてこれはアートか?」と理解されなかった作品が、なぜ今現代アートを代表する作品といわれるのか?さまざまな作品を俎上に載せながら、現代アートの「わからない」をごくフツーの人の立ち位置に立ち、難解な解釈から解き放たれた「よくわかる」現代アートとの付き合い方、鑑賞法を探り当てる。初心者だけでなく、アート鑑賞の新たなノウハウにも学びが得られる一冊である。

[著者情報]
藤田 令伊(ふじた れい)
一九六二年生まれ。アートライター、アートエッセイスト。大手出版社編集者を経て、現職。「フツーの人」の立ち位置を大切にアート界とファンを橋渡ししている。アートポータルサイト「フェルメール美術館」主宰、アート鑑賞集団「プラスリラックスアートクラブ」スーパーバイザー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。