野菜が壊れる
著者: 新留 勝行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
土を殺す化学肥料はもういらない。
毒をまく農薬も、もういらない。
ここまで来ている日本の石油漬け農業の実態!
 今世界の至るところで土壌に異変が起きている。経済発展を 支えた石油産業が生み落とし、かつては夢の肥料として歓 迎された化学肥料がもたらしたのは、実は自然の連鎖が破壊され、生産力を失った農地。そこにさらに大量の化学肥料と農薬が投入され続けた結果、見かけは美しくとも中身の壊れた野菜、疲 弊する家畜、それらの加工食品が、食の安全と人々の健康を脅かしている。でも、まだ間に合う、今しかない。ほんものの農業と生 産物の復活のための、再生の道すじとは。

[著者情報]
新留 勝行(にいどめ かつゆき)
一九四三年鹿児島県生まれ。農業研究者。六二年、鹿児島県立南大隅高等学校卒業後、鹿児島県立拓殖講習所に入所、農業研修生としてアメリカへ派遣される。六六年久保田鉄工株式会社(現株式会社クボタ)入社、農業機械の技術及び営業企画を担当する。九三年株式会社ジェム設立、同社代表取締役会長。農協、生産者、流通業、消費者などを対象とした講演多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。