見習いドクター、患者に学ぶ
―ロンドン医学校の日々
著者: 林 大地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
病気を診ずして病人を診よ!
 医師不足、加速する高齢化、医療サービスの低下などから医療制度・医学教育の改革が叫ばれて久しい日本。だが制度改革の陰で、一番大事な「患者」が医療から置き去りにされる事態が起きつつある。著者はイギリスで医学教育を受け、その根幹をなす「患者中心の医療」という考え方を叩き込まれながら医師としてのスタートを切った。医師と患者がお互いを教育し、より良い医療を目指すイギリスの医学教育とは。人間味あふれる教授や医師、患者たちとのエピソードを交えて紹介する。

[著者情報]
林 大地(はやし だいち)
 一九七七年東京生まれ。慶応義塾大学文学部(中退)を経て九六年渡英。英国高等学校課程修了後、ロンドン・キングス大学附属ガイズ・キングスコレッジ&聖トーマス医学校入学。基礎医学・放射線科学学士号取得、英国医師免許取得。同医学校附属病院初期臨床研修医、英ケント州メドウェイ病院勤務後、二〇〇六年より東京慈恵会医科大学大学院博士課程在籍。〇七年日本医師国家試験合格。同年四月より東京慈恵会医科大学附属病院初期臨床研修医。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。