貧乏人は医者にかかるな!
医師不足が招く医療崩壊
著者: 永田 宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
近未来残酷物語医療の沙汰は金次第、これが20年後の現実!?
 医師不足は単に産科や小児科、また地方の問題ではない!
これからは外科をはじめあらゆる科で医師の数は足りなくなる。厚労省が公開しているデータから医師不足の現状と原因を分析、団塊の世代が後期高齢期に向かう今後の日本の医療の進む方向を探る。アメリカ流金持ち優先型か、イギリス流シビアな待機型か、あるいは日本独自の道があるのか。私たちが医療難民にならないための自衛策と国を挙げての解決策を提言する。

[著者情報]
永田 宏(ながた ひろし)
 一九五九年生まれ。医学博士、理学修士。鈴鹿医療科学大学教授。八五年筑波大学大学院修士課程理工学研究科修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所で医療情報研究に従事。NPO法人日本医療情報ネットワーク協会理事、タケダライフサイエンス・リサーチセンター客員研究員、日本医療情報学会会員。著書に『販売員も知らない医療保険の確率』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。