9・11ジェネレーション
―米国留学中の女子高生が学んだ「戦争」
著者: 岡崎 玲子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「君たちは9.11世代だ!」ーー元米国国連大使ビル・リチャードソンあの日から、米国はイラク戦争へー。9.11世代と名づけられた女子高生が体験した、揺れる超大国の実態とは?
 9.11-それは世界を震撼させ、戦争やさらなるテロへのきっかけとなっていく。ニューヨークの隣、コネチカット州のプレップスクールで学んでいた著者は、超大国アメリカの激震を身をもって体験した。街にはためく星条旗、混乱する教師や生徒、パールハーバーの再来という声、底なしの恐怖を利用する政府……。なぜアメリカは、アフガニスタン空爆からイラク攻撃へと続く、途切れることのない憎しみの連鎖へと突き進んだのか。元アメリカ国連大使によって「9・11世代」と名づけられた女子高生が、自らの体験をもとに鮮烈な筆致で描いた現代アメリカ社会入門。黒田清・JCJ(日本ジャーナリスト会議)新人賞受賞作。

[著者情報]
岡崎 玲子 (おかざき れいこ)
一九八五年兵庫県生まれ。小学六年生で当時史上最年少で英検一級を取得。中学二年生時にTOEIC975点を記録。全米トップ3ともいわれるプレップスクール(寄宿制私立高等学校)、チョート・ローズマリー・ホール校に奨学金付きで合格し、十五歳で同校二年生として入学。二〇〇三年六月に優秀な成績で卒業。著書に『レイコ@チョート校』(集英社新書)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。