ある北朝鮮テロリストの生と死
証言・ラングーン事件
著者: 羅 鍾一 永野 慎一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
政治学者・姜尚中氏、大絶賛!
北朝鮮が過激なテロ行為に走る背景にはどのような事情があるのか? 
韓国読書界を騒然とさせた衝撃のノンフィクション、ここに刊行。

本書の主人公は、凄惨な事件を引き起こしたテロリストである。
しかし、その正体は非人道国家により実行犯に仕立て上げられた、一人の青年に過ぎない。
祖国に見捨てられ、異国の刑務所で寂しく生涯を終えたこの悲運のテロリストをめぐる物語は、国家というものがもつ暴力性と不条理を見事な形で浮き彫りにする。
「個人の尊厳とは何か?」「国家とはいかなるものか?」といった問いを抱えた、すべての読者に手に取って欲しい名著である。
(姜尚中・東京大学名誉教授)


1983年、ミャンマー訪問中の全斗煥・韓国大統領を狙い、合計21名の死者を出す大惨事となった「ラングーン事件」が発生する。
本書はその実行犯である北朝鮮テロリスト、カン・ミンチョルの証言を記録し、周辺人物への聞き取りや関連資料の収集も丹念に行いながら、事件の全貌と南北関係の矛盾に迫った第一級のノンフィクションである。
なぜ北朝鮮は過激なテロ行為に走るのか。
カン・ミンチョルが属した北朝鮮特殊工作部隊の実態とはいかなるものなのか。
そして、凄惨なテロはどのようにして起こったのか?
数々の歴史の謎を解き明かしてくれる、衝撃の一冊!

【主な目次】
プロローグ ビルマの聖地アウンサン廟で何が起きたか   
第一章 南北分断の悲劇   
第二章 光州民主化運動とラングーン事件   
第三章 「菊花作戦」と全斗煥大統領のビルマ訪問   
第四章 歴史的な場所、アウンサン廟の爆破事件
第五章 テロリストたちの運命   
第六章 祖国に捨てられたテロリストたち   
第七章 テロリスト、カン・ミンチョルの生と死   
第八章 生と死の狭間で苦悩したカン・ミンチョル   
エピローグ 忘れられたテロリストの死を哀悼して
訳者あとがき   


【著者経歴】
著者・羅鍾一(ラ ジョンイル)
1940年韓国ソウル生まれ。英国ケンブリッジ大学Ph.D.。慶熙大学教授、国家情報院海外・北朝鮮担当次長、大統領秘書室国家安保補佐官、国家安全保障会議常任委員長、駐英国大使、駐日本国大使、又石大学校総長等の数々の要職を歴任。現在、漢陽大学、国防大学、嘉泉大学碩座教授。

訳者・永野慎一郎(ながの しんいちろう)
1939年韓国生まれ。英国シェフィールド大学Ph.D.。大東文化大学名誉教授。NPO法人東アジア政経アカデミー代表。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。