花ちゃんのサラダ
昭和の思い出日記
著者: 南條 竹則
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
高度経済成長華やかなりし頃、少年が幼少期を過ごした東京には、郷愁あふれる景色が広がっていた……。
幻想文学の鬼才、怪奇小説の名訳者として知られる著者が幼い日に見た情景とは? 
懐かしいメニューの数々をきっかけに、在りし日の風景をノスタルジー豊かに描き出す。
お子様ランチに興奮した三越の食堂、着流しで悠々と街を歩く祖父の姿、そして浅草の遊園地で一緒に遊んだねえやさんとの日々。
独自の文体で描いた南條商店版『銀の匙』。

◆目次◆
まえがき
花ちゃんのサラダ
花ちゃんのお勝手
きみよし焼き
ひさご通り
日本橋の「スエヒロ」
オブラート
かりんとう
「へいはち」考
金魚の糞
おすもじ
三越の食堂
カリーライス
三笠会館の唐揚げ
鯛めし
あとがき
謝辞

◆著者略歴◆
南條 竹則(なんじょう たけのり)
1958年東京生まれ。作家。翻訳家。東京大学大学院英語英文学修士課程修了。東京外国語大学、学習院大学講師。
『酒仙』(新潮社)で第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。近著に『ゴーストリイ・フォークロア』(KADOKAWA)。
他著書に『吾輩は猫画家である ルイス・ウェイン伝』、『人生はうしろ向きに』(集英社新書)、『中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』(ちくま文庫)など。
訳書に『インスマスの影』(新潮文庫)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。