原子力の哲学
著者: 戸谷 洋志
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
マルティン・ハイデガー、カール・ヤスパース、ギュンター・アンダース、ハンナ・アーレント、ハンス・ヨナス、ジャック・デリダ、ジャン=ピエール・デュピュイ。
本書は原子力(核兵器と原子力発電)をめぐる7人の代表的な哲学者の考えを紹介し、それぞれの人と思想の関係を整理する。
技術、自然、そして人間――。
原子力の脅威にさらされた世界はどのようなもので、そうした世界に生きる人間はどのように存在しているのか、その根源を問うていく。

◆目次◆
第1章 原子時代の思考――マルティン・ハイデガー
第2章 世界平和と原子力――カール・ヤスパース
第3章 想像力の拡張――アンダース 
第4章 世界の砂漠化――アーレント
第5章 未来世代への責任――ハンス・ヨナス
第6章 記憶の破壊――ジャック・デリダ
第7章 不可能な破局――ジャン=ピエール・デュピュイ

◆著者略歴◆
戸谷洋志(とや ひろし)
1988年東京都生まれ。哲学研究者、大阪大学特任助教。
法政大学文学部哲学科卒業、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。
現代ドイツ思想を軸に据え、テクノロジーと社会の関係を研究。
著書に『Jポップで考える哲学――自分を問い直すための15曲』『ハンス・ヨナスを読む』、共著に『僕らの哲学的対話 棋士と哲学者』、『漂泊のアーレント 戦場のヨナス――ふたりの二〇世紀 ふたつの旅路』がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。