忘れじの外国人レスラー伝
著者: 斎藤 文彦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
カール・ゴッチ、ザ・デストロイヤー、アンドレ・ザ・ジャイアント、ビル・ロビンソン、ダイナマイト・キッド、テリー・ゴーディ、スティーブ・ウィリアムス、バンバン・ビガロ、ビッグバン・ベイダー、ロード・ウォリアー・ホーク――。
昭和から平成の前半にかけて活躍し、今はもう永遠にリング上での姿を見ることが叶わない伝説の外国人レスラー10人。
本書は今だから明かせるオフ・ザ・リングでの取材秘話を交え、彼らの黄金時代はもちろんのこと、知られざる晩年、最期までの「光と影」を綴る。

◆目次◆
第1章 “神様”カール・ゴッチ
第2章  “白覆面の魔王”ザ・デストロイヤー
第3章  “大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアント
第4章  “人間風車”ビル・ロビンソン
第5章  “爆弾小僧”ダイナマイト・キッド
第6章  “人間魚雷”テリー・ゴーディ
第7章  “殺人医師”スティーブ・ウィリアムス
第8章  “入れ墨モンスター”バンバン・ビガロ
第9章  “皇帝戦士”ビッグバン・ベイダー
第10章  “暴走戦士”ロード・ウォリアー・ホーク

◆著者略歴◆
斎藤文彦(さいとう ふみひこ)
1962年、東京都杉並区生まれ。プロレスライター、コラムニスト、大学講師。
オーガスバーグ大学教養学部卒業、早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了、筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻博士後期課程満期。
在米中の1981年より『プロレス』誌の海外特派員をつとめ、『週刊プロレス』創刊時より同誌記者として活動。
海外リポート、インタビュー、巻頭特集などを担当した。著書は『プロレス入門』『昭和プロレス正史 上下巻』ほか多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。