レオナルド・ダ・ヴィンチ
ミラノ宮廷のエンターテイナー
著者: 斎藤 泰弘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ル ネサンス期の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
芸術家、科学者として有名な彼だが、その素顔は人嫌いで、生涯、鏡文字を使い、若いころは未完作品ばかりで、実力はあるけれども「画家失格」の烙印を押されるほどであった。
そのレオナルドが、軍事技術者として自らを売り込み、君主の権謀術数の手先として壮大な宮廷イベントの総合演出を取り仕切り、さらに『白貂を抱く貴婦人』『美しき姫君』『最後の晩餐』などの名画を作った約20年間のミラノ時代の活躍を検証する。
同時に彼の残した手稿から、天才の秘めた闇の部分も描き出す。


彼は多くの点で異常な人間であると思う。
天才的な直観力、豊かな想像力、卓越したアイデア、頭脳の明敏さ、驚くべき集中力など、褒め言葉はいくらでも思い浮かぶ。
だが、それと同時に暗い面での彼の異常さも目につく。社会との奇妙な隔離意識と、善悪の彼岸に立ってこの世を眺めているような態度、密かな孤独癖と、愛想のよさに隠された厭人癖などである。

本書の狙いは、ある意味でレオナルドという偉大な偶像を破壊することであり、彼を「万能人」とは「時代を超越した天才」としてではなく、われわれと同じ弱点、いや、われわれよりはるかに大きな人間的弱点を持つ人間として捉え直すことであった。
                                   ──本書より抜粋
【著者プロフィール】
斎藤泰弘(さいとう やすひろ)
一九四六年、福島県生まれ。京都大学名誉教授。専攻はイタリア文学、イタリア演劇。
『鳥の飛翔に関する手稿』(谷一郎、小野健一との共訳)で第3回マルコ・ポーロ賞受賞。
レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿研究の第一人者で、著書に『レオナルド・ダ・ヴィンチの謎 天才の素顔』(岩波書店)、『ダ・ヴィンチ絵画の謎』(中公新書)、『誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ』(NHK出版新書)がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。