ゲノム革命がはじまる
DNA全解析とクリスパーの衝撃
著者: 小林 雅一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「ゲノム技術」が当たり前になる時代。
私たちの生活には、どんな影響があるのか?

ゲノムとはDNAに記された全遺伝情報である。その解析と利用が今、急ピッチで進んでいる。
遺伝子検査サービスに、がんゲノム医療、ゲノム編集食品、さらには刑事事件の捜査や生態系の改変まで……。
それはまさに「ゲノム革命」とも呼べる劇的な展開だ。
特にゲノム編集では、画期的な治療法の開発や農作物の品種改良が進む一方で、安全性や倫理問題など深刻な懸念も噴出している。
本書は、その全貌を描き出し、生殖医療や食糧、環境問題など、さまざまな分野に波及するゲノム革命の光と影を論じる。

【目次と主な内容】
第1章 ゲノムから私たちの何が分かるのか? ――遺伝子検査ビジネスの現状と課題
遺伝子で結婚相手を選ぶ時代/疾患リスクや薬の有効性も予測/信用できる項目とできない項目が存在
日米のDTC(一般消費者向け遺伝子検査)は検査項目が正反対/DNA婚活の背後にある「科学」とは

第2章 ゲノム編集とは何か? ――生物の遺伝情報を自在に書き換える技術の登場
ゲノム編集でハゲが治る?/ゲノム編集医療をリードする中国/受精卵のゲノム編集を巡る国際競争
世界各国のクリニックが賀氏に教えを乞う/クリスパーの技術的課題/同性両親の遺伝子を受け継ぐマウスが誕生

第3章 見えないゲノム編集食品
知らぬ間に食卓に上るゲノム編集食品/米国人はすでにゲノム編集食品を口に入れている
家畜のゲノム編集には異常な副作用/割れる科学者の見解

第4章 科学捜査と遺伝子ドライブ、そして不老長寿 ――ゲノム技術は私たちの社会と生態系をどう変えるか
未解決事件にも寄与するDNAデータベース/1年間で60件以上の迷宮入り事件を解決
中国で構築される国民DNAデータベース/ゲノム編集が地球生態系を変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。