ゾーンの入り方
著者: 室伏広治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
超一流アスリートが教える、結果を出すための集中法
 大事な舞台やプレゼンテーションで結果を出すための集中力はどうすれば身に付くのか? 集中状態である「ゾーン」とは何か? つねに自己と記録に向き合い、男子ハンマー投げ選手として活躍した著者が、良質な集中状態とはどんなものなのかを語り、集中するための方法論と哲学を満を持して公開する。
 アテネ・オリンピックでは金メダル、ロンドン・オリンピックでは銅メダルを獲得するなど、多くの大会で好成績を残し、二〇一六年に引退後は学者、指導者として活躍する著者が今だからこそ語る、スポーツや仕事、人生にも役立つ究極の集中法をまとめた一冊。

[著者情報]
室伏広治(むろふし こうじ)
一九七四年、静岡県沼津市生まれ。元男子ハンマー投げ選手。東京医科歯科大学教授。博士(体育学)。中京大学卒業、中京大学大学院修了。自己最高記録は、二〇〇三年六月、プラハ国際で出した84メートル86。シドニー、アテネ、北京、ロンドン・オリンピックに出場。〇四年のアテネでは金メダルに輝く。同年紫綬褒章受章。中京大学准教授を経て現職。著書に『超える力』(文藝春秋)がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。