すべての疲労は脳が原因
<超実践編>
著者: 梶本 修身
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
最新科学でわかった!
「食事」「睡眠」「環境」今すぐできる疲労解消法
 ロングセラーとなった『すべての疲労は脳が原因』では、疲労のメカニズムを最新の研究成果をもとに解説し、私たちがよく言う「疲労」とは、体ではなく「脳が疲れている」状態であることを示した。
 第二弾となる本書では、「食事」「睡眠」「環境」において、疲労を予防する、また解消するために、私たちが今すぐに実践できる方法を具体的に紹介する。

[著者情報]
梶本修身(かじもと おさみ)
医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。一九六二年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。二〇〇三年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして「脳年齢」ブームを起こす。著書に『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、『仕事がはかどる!超高速脳のつくり方』(宝島社)他多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。