西洋医学が解明した 「痛み」が治せる漢方
著者: 井齋 偉矢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
腰痛、頭痛、胃痛、神経痛……。
身体のシステム異常を元に戻して、急性の痛みにも慢性の痛みにも効く。
身体の「治る力」に作用!
 日本国内で出されている処方せん総数のうちで、漢方薬が占める割合はわずか2%程度である。その理由は「科学的根拠が不明確」というものだ。しかし、漢方薬も西洋薬と同じように科学的なエビデンスに基づく処方が可能である。著者はそれを「サイエンス漢方処方」と名づけ、薬剤としての特性や有効性を現代薬理学に拠って解説する。
 また、本書では、多くの現代人の悩みである「痛み」に特化し、腰痛や頭痛、歯痛など、様々な痛みの症状別に処方を紹介する。

[著者情報]
井齋偉矢(いさい ひでや)
一九五〇年、北海道生まれ。北海道大学医学部卒業後、同大学医学部第一外科に入局。専門は消化器外科、肝臓移植外科で日本外科学会認定登録医。一九八八年から三年間オーストラリアで肝臓移植の臨床に携わる。帰国後独学で漢方治療を本格的に始める。日本東洋医学会認定専門医・指導医。二〇一二年にサイエンス漢方処方研究会を設立し理事長を務める。医療法人静仁会 静仁会静内病院(総合診療科)院長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。