ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論
著者: ヤマザキ マリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ルネサンスを生み出した愛しき「変人」たち。
 大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリを、ただ古代ローマと風呂が好きなだけの漫画家だと思ったら大間違い。実は一七歳で単身イタリアに渡り国立美術学校で美術史と油絵を学んだ筋金入りの美術専門家なのだ。そんな彼女が初の美術論のテーマに選んだのは、偏愛する「ルネサンス」。しかしそこは漫画家。あの大巨匠も彼女にかかれば「好色坊主」「筋肉フェチ」「人嫌い」と抱腹絶倒のキャラクターに大変身。正統派の美術論ながら、「変人」をキーワードにルネサンスを楽しく解読する、ヤマザキ流芸術家列伝!

[著者情報]
ヤマザキマリ
漫画家。一九六七年東京都生まれ。一九八四年よりイタリア国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で美術史と油絵を学ぶ。一九九七年漫画家デビュー。二〇〇八年連載開始の『テルマエ・ロマエ』が空前の大ヒットとなり、二〇一〇年のマンガ大賞、手塚治虫文化賞短編賞を受賞。同作品は映画化もされた。漫画作品では他に『プリニウス』(とり・みきと共著)、『スティーブ・ジョブズ』など。『男性論 ECCE HOMO』『国境のない生き方』など評論、エッセイの著書も多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。