イスラム戦争
中東崩壊と欧米の敗北
著者: 内藤 正典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
対話なき武力行使で解決はない!
間違いだらけの中東政策
内田樹氏推薦
「イスラムをめぐる政治状況を 精密なロジックと平明な文体で腑分けしてくれる一冊。 多くを教えられた。」
 混迷を極める中東に突如現れたイスラム国。捕虜の殺害や少数民族への迫害が欧米経由で厳しい批判と共に報じられているが、その過激な行動の裏にある歴史と論理は何か?
 また、本書はイスラムそのものに対するメディアの偏見と、第一次世界大戦時に確立された欧米による中東秩序の限界を指摘。そして、集団的自衛権の行使容認で中東に自衛隊が派遣される可能性が高まる中、日本が今後イスラム世界と衝突することなく、共存するために何が必要なのかを示す。

[著者情報]
内藤正典(ないとう まさのり)
一九五六年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。著書に『イスラムの怒り』『イスラム-癒しの知恵』(集英社新書)、『ヨーロッパとイスラーム』(岩波新書)、編著に『イスラーム世界の挫折と再生』(明石書店)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。