「謎」の進学校 麻布の教え
著者: 神田 憲行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
50年以上、東大合格者数ベスト10入り!
でも…この学校、何かが「変」だ
『女子校育ち』著者、辛酸なめ子氏推薦!
「中二病だけでは収まらない、一生続く『麻布病』の存在を確信しました」
 灘、、開成、筑駒……東京大学合格者数ランキングの「常連校」は数多く存在する。しかし、五〇年以上トップ10に名を連ねる麻布の校長は「東大入試のために六年間も使うのはバカバカしい」と断言して憚らない。
 校則も無ければ、大学現役合格にもこだわらない。いわゆる「進学校」のイメージを裏切り続ける麻布。独自の教育と魅力を解き明かすべく、現役の生徒から図書館司書、保健室の先生、麻布が輩出した各界OBの証言までを徹底取材!

[著者情報]
神田憲行(かんだ のりゆき)
一九六三年、大阪府生まれ。ノンフィクションライター。関西大学法学部卒業後、故黒田清氏の事務所を経て独立。九二年から約一年間、ベトナムのホー・チ・ミン市で日本語教師生活を送る。また夏の高校野球を二〇年以上にわたって取材している。これらの経験から教育、高校生を取り巻く問題に興味を持つようになり、本書に至る。他に人物ルポを中心に幅広い執筆活動を続けている。主な著書に『ハノイの純情、サイゴンの夢』(講談社文庫)、『八重山商工野球部物語』(ヴィレッジブックス)などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。