儲かる農業論
エネルギー兼業農家のすすめ
著者: 金子 勝 武本 俊彦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
農業+小規模発電=エネルギー兼業農家。
これが本当の地方創生!
さらに、食料自給率向上、荒廃地解消、脱原発も
「儲からない産業」と言われる農業。そこに追い討ちをかけるTPP。これに対抗するためには大規模集約化するしかないと思われているが、実は、小規模の兼業農家こそ生き残る可能性が高い。そう断言するのは、経済学者・金子勝と、食と農の政策アナリスト・武本俊彦。それぞれの専門を活かして、「儲かる産業」としての農業のあり方を提言する。そのカギとなるのは、農家が小規模の発電所を経営するエネルギー兼業というウルトラCである。すでに試みられつつある各地の事例を挙げながら、食料自給率の低下や地方の荒廃まで一気に解決する道筋を探る。
 農業関係者だけでなく、食やエネルギー問題に関心のあるすべての人に贈る必読の書!

[著者情報]
金子 勝(かねこ まさる)
一九五二年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政学、制度経済学、地方財政論。おもな著書は『新・反グローバリズム』『「脱原発」成長論』など。

武本俊彦(たけもと としひこ)
一九五二年生まれ。食と農の政策アナリスト。一九七六年農林省(現農林水産省)入省。著書に『食と農の「崩壊」からの脱出』。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。