メッシと滅私
「個」か「組織」か?
著者: 吉崎 エイジーニョ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
サッカーは「文明の衝突」だ!
 もはや国民的行事となった感のある、サッカーW杯。ヨーロッパでプレイする「海外組」が主体となった日本代表は、以前とは違い、技術や戦術では「世界」と遜色ないレベルに達したようにも思える。しかし、大一番で勝負を分けるのはメンタリティだ。そのメンタリティを形成する文化的背景とは何なのか? ドイツでのプレイ体験もある著者が、深刻なカルチャーギャップを体感した選手たちへの取材をもとに、大胆なサッカー比較文化論を書き下ろした。本田圭佑、岡崎慎司、長友佑都、松井大輔、槙野智章、宮本恒靖、宇佐美貴史、奥寺康彦、パク・チソンなど、現役選手や関係者の貴重な証言が満載!

[著者情報]
吉崎エイジーニョ(よしざき エイジーニョ)
一九七四年生まれ。ライター。大阪外国語大学朝鮮語科卒業。二〇〇五年にドイツに移住し、現地一〇部リーグで一シーズンプレイした経験を持つ。サッカーなどを中心に各誌で執筆。著書に『オレもサッカー「海外組」になるんだ!』(パルコ出版)、『オトン、サッカー場へ行こう!』(新潮社)、『学級崩壊立て直し請負人』(共著、新潮社)など。訳書に『パク・チソン自伝』(小学館集英社プロダクション)、『ホン・ミョンボ』(実業之日本社)など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。