世界と闘う「読書術」
思想を鍛える一〇〇〇冊
著者: 佐高 信 佐藤 優
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
言論界の武闘派コンビが贈る
生き残るための、読書術。
 世界各地で民族紛争や宗教対立が激化している。かつて覇権争いの主役だった国家は、経済的にも政治的にも巨大なパワーを持つグローバル企業によって存在自体を揺さぶられている。日本も例外ではない。ブラック企業による労働者からの収奪は進み、自由は大企業だけが独占している。沖縄の基地問題はじめ日米関係、官僚支配の問題など政権交代をへても解決の糸口は見えない。
 世界は激変している。こんな時代に思想のないまま世界に対峙して生きていくことはできない。自分の言葉で世界をとらえ直し、みずからの思想を鍛えるのは読書しかない。ふたりの知の巨人が実体験をひきながら、読書を武器にする方法を説き明かす。

[著者情報]
佐高 信(さたか まこと)
一九四五年、山形県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済誌編集長をへて評論家。著書に『電力と国家』『この人たちの日本国憲法』ほか多数。

佐藤 優(さとう まさる)
一九六〇年、東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。著書に『国家の罠』『獄中記』『同志社大学神学部』ほか多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。