スポーツの品格
著者: 桑田 真澄 佐山 和夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
殴らない。怒鳴らない。押し付けない。無理をさせない。
「勝利至上主義」を超える
 フェアであるべきスポーツの世界に、なぜ「体罰」や「不正」といった問題が蔓延するのか。その背景には何があるのか。
 本書は、元選手の立場で積極的にメッセージを発信する桑田真澄と、スポーツ史研究の第一人者である佐山和夫が、スポーツをめぐる問題の根源である「勝利至上主義」について論じ合う。そして、スポーツの喜びは「勝利を目指すプロセス」にあることが、さまざまな具体例を引きながら語られる。
 スポーツにおける「品格」とは何なのか。新しいスポーツ観を提起する、スリリングな対話!

[著者情報]
桑田真澄(くわた ますみ)
一九六八年生まれ。野球解説者。PL学園で甲子園通算二〇勝。八六年、読売ジャイアンツに入団。二〇〇七年、ピッツバーグ・パイレーツ入団。〇八年に現役引退後、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を修了。

佐山和夫(さやま かずお)
一九三六年生まれ。ノンフィクション作家。スポーツ史、日米野球史に造詣が深い。『ベースボールと日本野球』(中公新書)、『野球とアンパン』(講談社現代新書)など著書多数。桑田真澄との対談書に『野球道』(ちくま新書)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。