モバイルハウス 三万円で家をつくる
著者: 坂口 恭平
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「動く家」を建てたら、違う”生きかた”が見えてきた。
「独立国家」の原点!
 路上生活者の老人から啓示を受け、ノウハウを学んだ著者は、予算三万円足らずで「移動できる家=モバイルハウス」をつくりあげた。
 およそ二畳間大のモバイルハウスは、思いのほか、快適な空間だった。そして、土地とは何か、家とは何か、住むとはどういう営みなのか……等々、根源的な思考をうながしてきた。それは、小さいけれど壮大な、社会実験の装置だったのである。
 前著『独立国家のつくりかた』で提示された「一人で国をつくる」という思想は、「一人で家をつくる」という実践から生まれた。著者の原点を余すところなく開示する、痛快なドキュメント。

[著者情報]
坂口恭平(さかぐち きょうへい)
一九七八年熊本県生まれ。作家、建築家、絵描き、踊り手、歌い手。早稲田大学理工学部建築学科卒業。『〇円ハウス』(リトルモア)、『隅田川のエジソン』(幻冬舎文庫)、『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』(太田出版)、『独立国家のつくりかた』(講談社現代新書)、『思考都市』(日東書院本社)、『幻年時代』(幻冬舎)など著書多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。