ゴーストタウン
――チェルノブイリを走る
著者: エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ 池田 紫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
事故から四半世紀、ひとりの女性が汚染地帯をバイクで疾走する。
人間と同じように、街も不運によって朽ち落ちていく
「チェルノブイリの原子炉から二五〇キロメートル圏内では、二〇〇〇を超える街や村が消えた。毎年ここに来る度に、朽ちていくものが増えていく」
 一九八六年の事故から四半世紀後のチェルノブイリの世界。放射性物質による汚染の末に無人となり、時間が消えた大地をモーターサイクリストにして写真家のエレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワが走破する。本書は、廃墟に残るかつての暮らしの気配を辿り、人工物を無造作に覆いつくしていく自然、そして原子力災害の現実を静かに表現した詩的文明批評である。

[著者情報]
エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ
一九七四年ウクライナ、キエフ生まれ。モーターサイクリスト。写真家。チェルノブイリの証人として撮影を続けている。

池田 紫 (いけだ ゆかり)訳
一九七五年神奈川県生まれ。翻訳家。慶応義塾大学にて博士号を取得。エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワのウェブサイトの邦訳を行う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。