公平・無料・国営を貫く 英国の医療改革
著者: 武内 和久 竹之下 泰志
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
日本の医療改革へのヒントが満載
「効率よく、質も高めて、患者中心の医療の実現へ!」
英国医療 復活の軌跡
 無料で公平な医療を全国民にーこの理想を掲げて一九四八年、英国の医療システム(NHS)は誕生した。以来英国民はこの制度を誇りにしてきたが、九〇年代には患者の手術待ちが数カ月に及ぶなど、種々の問題が表面化して崩壊の危機に陥った。この事態に果敢に立ち向かい、二〇〇一年から一〇年計画で劇的な改革へと導いたのがブレア以降の労働党政権である。効率化と患者中心の医療の実現など、英国の医療改革の全貌を紹介するとともに、やはり医療の崩壊が叫ばれて久しい日本の制度改革へ向けた具体策を提言する。

[著者情報]
武内 和久(たけうち かずひさ)
一九七一年生まれ。東京大学法学部卒業後、厚生省(現厚生労働省)に入省。在英国日本国大使館一等書記官などを経て厚生労働省大臣官房勤務。

竹之下 泰志(たけのした たかし)
一九七〇年生まれ。仏パリ政経学院セルティフィカ課程修了、米ブラウン大学政治経済学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル。二〇〇六年より英国勤務。
  • 発売日:2009年7月17日
  • 定価:本体680円+税
  • ISBN:978-4-08-720502-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。