ハンセン病 重監房の記録
著者: 宮坂 道夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
封印された苛酷な受難史国立療養所に設けられ、反抗的とされた患者を収容した事実上の監獄「重監房」。裁判もないままそこで行われてきた非道な懲罰に光を当てる!
 一九〇七年に制定された「らい予防法」によって強制的に療養所に隔離・収容された日本のハンセン病患者たち。一九一六年法律が”改正”され、所長には患者の懲戒検束権が与えられ、反抗的とされた患者を監禁所と呼ばれる科刑の場に拘束することができた。さらに草津・栗生楽泉園には「重監房」という事実上の監獄が設けられ、正式な裁判もないまま収監された患者たちは苛烈な懲罰に苦しみ、命を落としていった。死を意味した「草津送り」に光を当て、封印されたハンセン病患者の受難史を浮き彫りにする。

[著者情報]
宮坂道夫(みやさか みちお)
 一九六五年、長野県生まれ。早稲田大学教育学部理学科卒業。大阪大学大学院で医科学修士号、東京大学で博士号(医学)取得。新潟大学医学部保健学科助教授。専門は生命倫理学・医療倫理学。著書に『医療倫理の方法ー原則・手順・ナラティヴ』(医学書院)などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。