乱世を生きる
―市場原理は嘘かもしれない
著者: 橋本 治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「勝ち組・負け組」という二分法はなぜ生まれたか?『上司は思いつきでものを言う』につづく快刀乱麻のビジネス書!
 従うべき理論がなくなって、どう生きて行けば分からなくなった日本人は、「勝ったか、負けたか」の結果で判断するしかなくなった─本書は、こんな腑に落ちる話から始まります。そして、「生きることが幸福でありたいという感情。これこそが経済という人間行為の本質ではなかろうか」と、一筋の光明に向かって、力強く語り始めます。乱世の時代に対する、橋本治からの「解」がぎっしり詰まってます。

[著者情報]
橋本 治(はしもと おさむ)
 一九四八年、東京生まれ。作家。東京大学文学部国文科卒。七七年『桃尻娘』で講談社小説現代新人賞佳作受賞。以後、小説、評論、戯曲、古典現代語訳、エッセイ、芝居の演出等で幅広い創作活動を続ける。主な著作に『上司は思いつきでものを言う』『「わからない」という方法』『双調 平家物語』等。『宗教なんかこわくない!』で第九回新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で第一回小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で第十八回柴田錬三郎賞を受賞している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。