人体常在菌のはなし
―美人は菌でつくられる
著者: 青木 皐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ぎょっ、皮膚にも善玉菌がいたのか?!ビフィズスびっしり=腸バリア♪いい菌びっしり=肌バリア♪美肌&快便は菌に任せろ!
 見えないイコールいない、ではない! 菌=バイ菌=悪い汚いヤツ、というのは過去の常識。さらに菌は腸内のみならず皮膚にも棲みついていることを知ってほしい。周知となった腸内細菌における善玉菌と悪玉菌の理論は、そのまま人体表面の皮膚常在菌にもあてはまり、常在菌との共生こそが健康で快い生活の鍵である。本書は「菌」を真中に置いて生活スタイルを見直し、善玉常在菌を育てよう、免疫もアレルギーもその観点から考え直そうと提案する、わかりやすい医科学的実用読み物。

[著者情報]
青木 皐 (あおき のぼる)
一九四三年兵庫県芦屋市生まれ。医学博士(バイオメディカル・サイエンス)。(株)コントロール・ラボ代表取締役。生物医学研究所所長。大阪女子学園短期大学非常勤講師。七五年から生物制御企業にて昆虫・微生物制御研究に従事。九三?九五年東京大学医学部(解剖学・養老孟司教室)研究員、九六?九八年東京大学総合研究博物館客員研究員。著書に『ここがおかしい菌の常識』『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』(ともにダイヤモンド社)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。