ヒエログリフを愉しむ
―古代エジプト聖刻文字の世界
著者: 近藤 二郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
その初歩から最先端の議論まで、古代文字で味わう歴史の妙味!!
 古代エジプトの文字ヒエログリフは、その形がもつ美しさ、謎めいた雰囲気が誘う古代へのロマンゆえに、今なお多くの人々を魅了しつづけている。五世紀にはすでに死語となり、誰も読めなくなっていたヒエログリフだが、1822年、シャンポリオンが解読に成功して以来、ふたたび歴史を語りはじめた。本書は、その初歩から、ヒエログリフ研究における最先端の議論までを豊富な図版とエピソードで紹介していく。最古の イスラエル という表記、大ピラミッドの謎の碑文、インチキ・ヒエログリフの話など興味は尽きず、難しい文法の話は抜きで、古代エジプトの文字と歴史の面白さを教えてくれるユニークな一冊である。

[著者情報]
近藤 二郎(こんどう じろう)
一九五一年東京生まれ。早稲田大学文学部教授。早稲田大学エジプト学研究所所長。同大学第一文学部西洋史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程満期退学。専門は、考古学、エジプト学。八一?八三年カイロ大学考古学部に留学。 七六年以来、早稲田大学古代エジプト調査隊に参加。著書に『ものの始まり 50話』(岩波ジュニア新書)、『エジプトの考古学』(同成社)、訳書に『図説黄金の ツタンカーメン』(原書房)、『エジプト美術』(岩波書店)など多数。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。