パレスチナ紛争史
著者: 横田 勇人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ハマス指導者連続暗殺!緊迫のパレスチナ問題の実態を読む。
 イスラムの正義を掲げる過激組織が増えつつある現在、パレスチナ問題の解決は一段と重要性を増している。このイスラエルとパレスチナをめぐる問題は、一向に収まる様相を見せず、血生臭い報復が繰り返されている。日本にとっては遠い紛争、日本人にとっては分かりにくい報復は、なぜ終わりがないのか。本書は紛争の歴史を分かりやすく俯瞰し、現役の国際部記者ならではの精緻なレポートで「憎しみの連鎖のなぜ」に答えている。

[著者情報]
横田 勇人(よこた はやと)
一九六五年大阪生まれ。八八年、大阪大学文学部卒業。同年、日本経済新聞社に入る。文化部、「Nikkei Weekly」、国際部を経て九九年より二〇〇二年までカイロ支局長。その間、キャンプ・デービッド和平交渉、アルアクサ・インティファーダなどを取材する。〇二年三月より日本経済新聞社国際部記者。
  • 発売日:2004年5月14日
  • 定価:本体680円+税
  • ISBN:4-08-720244-5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。