うつと自殺
著者: 筒井 末春
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
うつ病を知り自殺を防ぐ!年間3万人以上が自殺する異常事態から、大切な家族を守るための現代人必読の書
 激増する中高年男性の自殺。その多くはうつ病が引き金になっている。うつ病をまねくのは、経済問題や人間関係の悩みだけではない。他の病気や手術などでからだが弱っていることが、うつ病を引き起こすケースもある。そのうえ、慢性化した頭痛や腰痛、インポテンツ、食欲不振など、さまざまな身体症状にうつ病は隠れたり、共存しながら心身を蝕んでいく。 しかし、うつ病は治せる病気である。本人はもとより家族や会社、医師にもその症状や治療方法の情報が充分でないため、みすみすたすかる命が失われているのである。本書は、心療内科の第一人者が、豊富な実例をまじえて、うつ病の知られざるすがたを明らかにし、あなたとあなたの大切な家族を守る方法をあますところなく伝える、現代人必読の書である。

[著者情報]
筒井 末春(つつい すえはる)
一九三四年東京都生まれ。東邦大学医学部卒業。同大学医学部第二内科教授をへて、一九八〇年心療内科を創設(初代教授)。東邦大学名誉教授、人間総合科学大学大学院教授、JICA健康管理センター総括顧問医。ストレス病やメンタルヘルス、うつ病を中心に臨床活動と医療現場の啓蒙に努める。主な著書に『うつ病 こころの病を治す』(法研)、『専門医がやさしく教える低血圧』(PHP研究所)などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。