なぜ通販で買うのですか
著者: 斎藤 駿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
『通販生活』のヒット商品から見えてくる時代背景!カタログハウス社長があかす「通販の内側」
 通信販売は日本の小売業界の中で、すでに揺るぎない地位を確保した。その中にあって、カタログ販売という業態を頑固なまでに守り、独自の立場を堅持している(株)カタログハウスが発行しているのが「通販生活」である。なぜこれが圧倒的信頼と支持を勝ち得るにいたったのか。通販業界の伝説的人物であり、カタログハウスの現役社長である著者が、自らの失敗を省みつつ真摯に綴る「通販の真実」。消費者の心理をどう読み込むのか、誠実に消費者と向き合うとはどういうことか。通販の歴史を辿りながら、日本の消費社会の深奥に迫る。

[著者情報]
斎藤 駿(さいとう すすむ)
一九三五年、東京都生まれ。早稲田大学文学部露文科卒。出版社の編集者を経て、七六年に(株)カタログハウスの前身、日本ヘルスメーカーを設立。八二年に「通販生活」を創刊。(株)カタログハウス代表取締役社長。著書に『100冊の徹夜本』(カタログハウス)、『90年代カタログ論』(日本流通産業新聞社)、『通信販売は小売を変える』(自由国民社)、『小売の説得術』(ダイヤモンド社)がある。
  • 発売日:2004年4月16日
  • 定価:本体760円+税
  • ISBN:4-08-720238-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。