超ブルーノート入門 完結編
―4000番台の至福
著者: 中山 康樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
「一生聴ける」名盤97枚!大好評の個人全解説、再び!参加プレイヤー名で引ける詳細な索引つき
史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノート。そこには、創設者アルフレッド・ライオンの美学が貫かれた二つの傑作シリーズがある。1500番台と4001?4100番の、それぞれ約一〇〇枚だ。1500番台の名盤を個人全解説した著者が満を持して4000番台の名盤に挑戦。4001のソニー・ロリンズから、4100のジミー・スミスまで、珠玉の演奏を超解説する。

[著者情報]
中山 康樹(なかやま やすき)
一九五二年大阪府生まれ。「スイングジャーナル」編集長を経て文筆業に。『超ジャズ入門』『超ブルーノート入門─ジャズの究極・1500番台のすすめ』『これがビートルズだ!』『超ビートルズ入門』『マイルス・デイヴィス完全入門』『マイルスを聴け!』『JAZZ聴きかた入門!』他、多数の著書がある。
  • 発売日:2004年1月16日
  • 定価:本体760円+税
  • ISBN:978-4-08-720226-7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

カテゴリー別新書リスト

クリックするとカテゴリーの新書一覧に移動します。